好きなことを仕事にした方がいい理由は『仕事の成功率を上げるため』

アイキャッチ画像 ビジネス

こんにちは。トシキ(@toshiki_1073)です。

最近twitter界隈では「会社員の方が良い!」vs「フリーランスの方が良い!」だの

「大学行った方が良い!」vs「大学今すぐやめるべき!」だの

「好きなことを仕事にしよう!」vs「好きなことは仕事にするなんて考えが甘い!」だの

しょうもない異種格闘技戦が毎日のように繰り広げられてますね!

 

これはもう個々人の特性の問題なので、どっちが良いとか上とかないんですが、社会の荒波に揉まれて弱ったり迷ったりして思考力が低下しているせいで、もっともらしいこと言ってる意見に流されてインフルエンサー様の養分コースまっしぐらな方も散見されます。

その人達についてどうこう言うつもりはありませんが、僕個人としては会社からお給料を貰う以外の稼ぎ方を知らないことは非常に危険でリスクの高いことだと考えているので、普通に会社員や大学生を続けながら副業でも起業でもなんでもやればよくない?と思ってるんですよ。別に両立できるじゃんね、普通に。

 

なので僕は「どんなに小さくてもいいから、まずは自分のビジネスをつくろうぜ!」ってことを勧めているわけですが、そのときは必ず「好きなことを仕事にしましょう」ということをセットでお伝えしています。

「好きなことを仕事にすること」をオススメする理由

これは別に「好きなことを仕事にすると人生がキラキラするょ☆」みたいな自己啓発チックな話をしたいわけじゃなくてですね。

単純に「好きなことを仕事にした方がビジネスの成功確率が高いよ」ってことを言いたいんですよ。

 

怪しいコンサルタントさんが多用してそうな耳触りの良いフレーズだし、「好きな事を仕事にするのは大変だよ」という意見には完全に同意なんですが、好きでもないことを仕事にするのはもっと大変だと思うのですよ。

 

だって続かないでしょ。好きじゃなかったら。

 

【理由1】好きなことだと「継続」しやすい

「アフィリエイトで稼ごう!」なんてのは好例で、ターゲットとテーマを正しく設定して継続して発信し続ければぶっちゃけ誰でも結果が出るんですよ。特別なスキルなんて必要ないんだから。

でもみんな結果出る前に辞めちゃう。

だから、毎日続けても苦にならないくらい好きなテーマをビジネスの題材にした方がいいですよ。

どんなビジネスでも、とにかく継続できなかったら結果なんて絶対に出ないです。

 

例えば僕はマーケティングとかアウトドアの話が大好きなので1日中だって喋ってられるし、情報収拾するのも全く苦じゃないけど、1ミリの知識も興味もない「バイク」を題材にビジネスやるとか無理です。

でも趣味で毎日バイクのチューニングを日課にしてる走り屋さんがバイクを題材にビジネスをするなら、知識も技術も熱量も全然違うから、少なくとも僕よりは続けられる可能性が高いじゃないですか。

 

もちろんあなたが素晴らしいビジネスの才能をお持ちで、好きとか嫌いとか全く関係なく、稼ぐためならどんなにキツくても知ったこっちゃない根っからの起業人ならこの限りではないですよ。

でも違うでしょ?

1から自分のビジネス作って稼ぎたいなら、とにかく興味関心があって好きなジャンルに絞り込んだ方がいいです。じゃないと、どうせ続かないから。

【理由2】好きなことだと「課題」を見つけやすい

ビジネスなんてのは突き詰めれば課題解決なので、

「困っている人(顧客)」と「解決策(商品)」があればなんだってビジネスになるんですけど、やっぱり好きな領域だと「お困りごと=課題」を見つけやすいですね。

 

いっつも使ってるサービスとか商品があって「これ良いんだけど、もっとこうだったらいいのになー!」と思うことがあるなら、その部分には課題がある=ビジネスになる可能性があります。

あとは実際に課題を持っている人が知り合いにいたりしてターゲットの悩みを肌で感じやすかったりね。

自分が普段所属してるクローズドなコミュニティ内で小さくテストマーケティングだってできるし、好きなことを題材にビジネスをすると、身近になる分、鼻が利きやすいです。

 

全然興味のない分野でも、勉強すれば課題は見えてきますが、前述したようにその勉強が継続できない人がほとんどなので、ビジネス初心者にはやっぱりオススメできません。

【理由3】好きなことだと「迷い」がない

「稼げそうだから」という理由で好きでもない領域でビジネスを始めると、全然結果が出てない時期に「このまま続けるべきか?」とか「間違ってるんじゃないかな」とか「全然やる気が出ない」とか、それはもう無限に迷いが湧き出てきます。

そうやってグダグダしてるうちにモチベーションが下がって結局やめちゃう人がたくさんいます。

っていうか僕自身も経験してます。あるあるです。

 

これも「好きだから」っていうシンプルな理由があれば全部乗り切れます。

 

「このまま続けるべきか?」→「まあ上手くいかなくても好きだからいいか」

「間違ってるんじゃないかな」→「まあでも好きなことやってるしいいか」

「全然やる気が出ない」←(好きじゃないじゃん…)

 

といった感じで、本当に好きだったら「好きなことやってるしいいか!」で継続できるはずです。

何度でも言いますが、継続しない限り成功することはありえません。

「好きなことを仕事にすること」が簡単とは言っていない

以上の3つの理由からビジネスの成功率を上げるために「好きなことを仕事にすること」を推奨しています。

が、好きなことを仕事をするうえで最難関なのは「好きな事を見つける事」だったりします。

 

「好きなことが見つからない」

「好きだけど仕事になるかわからない」

「好きだと思ってたけど続かない」

 

みたいな人はとにかく自分の好きなことに関して一度真剣に考えた方がいいですよ。

ひたすら好きなことを書き出して、なぜそれが好きなのか理由も書き出してみてください。

自分の中にある本当の気持ちと向き合うのだッ!

ここを疎かにしてるから上手くいかないんだぞッ!

注意:好きを仕事にするならマーケティングの観点を大切に

とまあ、ここまで言って突き放すようでアレなんですけど、「好きなだけ」じゃダメです。

「好きなこと」=「稼げること」ではないので。

あなたの好きなこと・得意なことを、誰かにとっての価値に変換しないとお金になりませんからね。

逆に言うと、あなたの好きなことを使って、誰かのお困りごとが解決できればビジネスが成立します。

こちらの記事を参考にして、「好きなこと」と「マーケティング」を組み合わせましょう。

簡単解説!ビジネス初心者向けマーケティング基礎講座

 

 

もし今している仕事が「つまらない」と感じているなら、まずは好きなことを徹底的に洗い出して、それらをビジネスに繋げていくことを考えましょう。

そうやって「好きなことの領域」で情報発信したり、セールスレター作って人に見せに行ったり、ビジネスにコミットし続けていれば、結果的にビジネスで収益を上げられるようになりますよ。

 

ぜひあなたも「好きなことを仕事にする」ことを真剣に考えてみてください。

 

※間違っても情弱ビジネスをしているフリーランサーなんかに煽られて、勢いで「好きなことして生きるために会社を辞めてブログで食ってく!」とか言い出さないように!

 

ブログ内容に関してやビジネスに関する相談や質問はtwitter(@toshiki_1073)のDMや、問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。フォローもお待ちしております。

 

それではまた次回!